貴方に逢いたくて ~る*しろう~

松田聖子のヒット曲、ではない。

ずっとお会いしていないし、連絡も取ってない、さらにはSNSでも繋がってないようなミュージシャンの方々のことが気になる。

コロナ禍で閉店に追い込まれたライブハウスも少なからず。さらに言やぁ、バンドなどはコロナなどなくてもいつ解散するか知れない生き物である。

はぐレ企画のイベントで、Zher the ZOOのブッキングでお世話になった方々、一体どうされているだろうか?

そう思って棚からCDを引っ張り出してきた。

る※しろう

最初にかけたのがこの方々。

何がきっかけだったかは忘れたが、とにかくへんちくりんな音楽をやたらと聴き漁っていた頃に発見した。山下洋輔氏のコメントを読んで、何が何でも聞きたいと思った。

はぐレ企画のイベントには2008年に出ていただいた。

当時彼らのライブを観て「他の人が完コピしても、ああはならないだろう」という感想を書き残しているけれども、録音物であるCDを聴いてすらそう思う。テクニカルな演奏をしているはずなのだが、妙にゆらぎがある。

3人ともボーカリストというタイプではないが、面白味のある歌を唄う。金澤美也子さんの歌なんか半分くらいは絶叫だったりするのだが、それなのに妙に可愛い。

特に順番も意識せず、2nd(3.27830)→1st(8・8)の順に聴いたんだけど、続けて聴いてみると1stの方がキャッチーだ。所謂プログレファンにはこっちの方がウケるだろう。1曲目の「ソレイユ」から2曲目の「おんばしら」で一気に持ってかれる。強引な例えだけど、LIQUID TENSION EXPERIMENTが毎アルバム1曲目で持ってく感じに近い。

単純に曲単体で言えばこっちの方が好きなものは多い。

でも今の感覚で聴くと2ndの方が「面白い」と感じる。もしやとは思うが、本当に酒を飲みながらレコーディングしたんじゃないかと思うくらい、ゆるいところはとことんゆるい。所々に挿入される「裏る*し」(それぞれの担当パートを入れ替えて行われるミニセッション)なんかはまさにそんな感じ。

「94K2(串カツ)」なんか、あのテーマで、あの導入部からなんでああいう音楽に発展するのか意味不明だけど、久しぶりに聴いたにもかかわらず「これがる*しろう印だよなぁ」と思ってしまった。

とりあえず検索かけたら皆さんご健在のようでまずは安心した。でもコロナのせいでやはりライブはあまり出来ていないようだ。

ニューアルバム聴いてみたい。てか聴こう。


Author ジンボ アラタ 115 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。