第2回 Whereabouts Records 竹内一弘代表に訊く

ハンガリーの音楽シーンとは?その他興味深いお話あれこれ

ハンガリーの音楽シーン

――― では、次はハンガリーについてのお話を聞かせてください。
先日Facebookを拝見して知ったんですが、「Bin-Jip」(※バンド)のハルチャ・ヴェロニカという人は、向こうでは知らない人はいないくらいの有名人らしいですね。そんな人がなぜWRに着目したかというようなお話は聞いたりしましたか?

竹内: うん、まずそれ以前のいきさつから説明します。ハルチャ・ヴェロニカは2009年に日本のレーベルからソロアルバム(ジャズ・ボーカル)を出したんですが、それが大手CDショップのジャズチャートで1位を取ったくらい、めちゃくちゃ売れたんですよ。でも彼女はジャズだけの人じゃなくて、エレクトロとか、最近はルーパーを使って声だけを重ねて音楽を作ったりとか、色々実験的なことやるのが好きなんですね。

で、Bin-Jipというバンドを立ち上げたのが2010年です。彼女はまず最初に、昨年ヒットしたアルバムをリリースした日本のレーベルに、当然今回もお願いしたわけですよ。そしたらそのレーベルの人が「エレクトロ系だったらWRの方がいいよ」って紹介してくれたんです。それがきっかけでうちから出すことになりました。

――― なるほど。

竹内: そうすると、ハンガリーから見た日本の音楽マーケットって当然魅力がありますから、ハンガリーのアーティストたちからものすごい数のデモが送られてくるようになるわけです。

――― まずBin-Jipが決まったことで、「ハルチャ・ヴェロニカがあのレーベルからCD出してるから自分も出してもらおう」って、ハンガリーで広まってる感じなんですね。

竹内: そうそう、そういうことです。その大量のデモの中から、自分が「いいな」と思うものをリリースしているんです。でも特別ハンガリーを贔屓にしているということはなくて、純粋にクオリティの高い音楽が多いからこうなっているだけです。日本人にしてみれば、いや世界でもハンガリーの音楽なんて誰も注目していないと思いますが、そんな国ですらクオリティの高い音楽を作るための努力や投資をしていますし、実験音楽や音響音楽、即興ジャズなどは確実に日本よりレベルが高いんです。

――― ちなみに海外のアーティストの作品をリリースをする場合、音はデータでやり取りすると思うんですが、それできちんとしたものは作れるんですか?

竹内: 作れるというか基本的にアーティストが完成させてるんですよ。完パケになったものを送ってくるので、そこをいじることはないですね。僕がマスタリングをする程度です。

(海外アーティストからの)オファー~リリースまでの流れを言うと、まずメールが来ますね。自身の経歴や、参考にアルバムの中から何曲かを送ってくれます。それに対してYESかNOか返答します。YESであれば条件を示す。印税や発売年月日、プレス枚数、そういったことを話し合って決めて、契約書をちゃんと作って、お互いにサインしてスキャンしてPDFにして送り合ってGOですね。あとはCDをプレスして流通会社に情報を流すという感じで。

海外の場合は、基本的にジャケットのアートワークも向こうが作ってきますね。面白いのは、海外のジャケットってものすごくクオリティが高いんですよ。そんなにお金持ってないはずなのに。訊くと、友達どうし協力し合って作ってる。ミュージックビデオなんて、日本でも海外でも普通に撮ったら50万円くらいかかるんだけど、そこも協力してやってるみたいですね。

――― それでちゃんとクオリティの高いものを作れるというのがいいですね。
ところで、ハンガリーの音楽シーンって、日本と比べてどんなふうにご覧になりました?

竹内: まずCDショップが無い。

――― 無い!?

竹内: 人にも訊いてみたけど、無いって言ってましたね。僕が見た限り1軒だけ発見しましたけど、日本にあるような普通のショップじゃないですよ。ものすごい小さいところが1軒だけあって…。あとは、楽器店の片隅にCD販売コーナーがある感じ。だから、大抵は自分のライブでCDを売るというのが基本的なスタイルです。

でも音楽を専業としてやっている人たちもいるわけで、どうやって収益を得ているのかというと、ライブハウスがちゃんと集客できるアーティストだけを選んで確保して、(ライブハウスが)自分で宣伝してお客さんを集めるというスタイルなので、そこでちゃんとアガリが出る。そうやって専業でやっている人はライブの数とかすごいですよ。ハルチャ・ヴェロニカはブダペストだけじゃなくてヨーロッパ全土で3日に1本くらいのペースでライブをやってますからね。

で、どうやって宣伝してるかっていうと…広告塔の写真はご覧になりました?

――― 広告塔?いいえ。

竹内: ハンガリーの街の歩道に巨大な広告塔が立ってるんですよ。そこに「何月何日、ハルチャ・ヴェロニカのライブ」ってものすごいでかいポスターを貼ってたりして。(写真を見せながら)こうやってわざわざ(ライブハウスが)広告出したりしてるわけです。

――― そこの代々木の駅前にもでっかい広告出したりしてますね。ああいうのは武道館でやるようなビッグネームばかりですけど。

竹内: こんなの渋谷だったらウン百万とかしたりするでしょ。もちろん、向こうは安いから出せるんだろうけどね。日本武道館でやるってなったらそういう広告も出すだろうけど、1つのライブハウスがこういう広告を出したりしているっていうのが向こうのシーン。だからプロ・ミュージシャンが育つ。

――― ショップが全然無いってことでしたけど、じゃあアマチュアやインディーズのアーティストのやり方としては、自分たちのライブで売るというのが一つ。あとは配信とかですか?

竹内: そうですね。まあ日本には、いまだに「CDがバカ売れして大富豪になる」みたいな夢が一応あるっちゃあるけど、向こうの人たちはそんなのさらさらないんですよ。そんな多くを求めてないんだろうし、やりたいようにやってるという感じですね。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 99 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。