第1回 海保けんたろー氏に訊く「OASってなんですか?」

音楽活動支援サービス「Frekul(フリクル)」とは

音楽で食べていきたいなら、自分で考えなきゃいけない

――― こうやってお話を伺ってて思ったのは、OASというシステムは無料で音源を配布するという部分が目玉に見えて、実はアーティストが今まで人任せにしていた部分をちゃんと自分で考えて、自立した活動をしていくよう啓蒙するような面が主なんじゃないかと感じました。

海保: 確かにそういう面はありますね。OASというのは、とにかく音楽業界を変えよう、構造改革しようっていう思想が基になっているわけで、それを実現するためにはこれまでのように音楽業界人に任せっきりになるんじゃなくて、アーティスト自身がもっと考えていかなくちゃいけない。

――― 特にロックバンドをやっている人たちって世間知らずなところがあるというか、音楽のことだけ考えていたいって思っている人が多い気がします。あとは今時ロックスターに成りたいって思ってる人とか…。

海保: それ自体は別にいいんですけどね。

――― 音楽的なカリスマ性とかの話じゃなくて、従来のロックスターのイメージ的な部分ですね。ホテルの窓からテレビ投げちゃうとか、自家用ジェット持ってるとか。そういう王様みたいなものに成ることを目指すのは時代的にもう無理だろうって思うんです。そうやってピラミッドの頂上にだけ富を集中させるのではなくて、もっと広いところで良い音楽をやっている人たちが食べていけるようになれる道というものを、OASが提示しているように見えます。

海保: 確かにそうですね。もうひとり勝ちの時代は終わって、色んな人に薄く利益を分配するという、完全にその方向です。

――― それはそれで「夢がなくなる」っていう意見も当然出てくると思います。個人的には現時点でほとんどなくなってるよ!って思ってるんですが(笑)

海保: (笑) 確かに今メジャーで頑張ってる人が、事務所を辞めてOASを始めるってなったら、テレビに出たり、タイアップを付けてもらったりという機会は減っていくでしょうし、しばらくは地味な方向に行っちゃうと思います。

でもこれは先々の話ですけど、今後OASを色んなアーティストが導入していって、世間的に広く認知されるようになれば、その中で人気の高いアーティストがテレビに出たりするようになるんじゃないか、そういう逆転が起こったら面白いんじゃないかって思っています。

今はまだOASをチェックしてくれてる人たちも、大部分が「気になるけど、でもどうなんだろう?」って考えてると思うんです。そこは僕らがひとつひとつ結果を出していくしかないんで、じっくり時間をかけるしかないのはわかってるんですが、早く革命を起こしたいって思いますね。

――― ぜひ革命を起こしてください。期待しています。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 102 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。