第1回 海保けんたろー氏に訊く「OASってなんですか?」

音楽活動支援サービス「Frekul(フリクル)」とは

はじめに

2011年1月、ロックバンド「メリディアンローグ」の公式ウェブサイト上で『オープンド・アーティスト・システム』(以下OAS)という新しい音楽ビジネスモデルが発表された。音源を完全に無料化してしまうという大胆なシステムを核に、彼らは音楽業界を本気で構造改革していこうとしている。

メジャーシーンで活動した経験も持つ、音楽業界と肌で接してきたバンドマンが行き着いた思想とはどういうもので、何故そこへ向かうことになったのか?
そしてOASは本当に音楽業界を変えうるシステムであるのか?

1月下旬、メリディアンローグのドラマーであり、OASの代表である海保けんたろー氏に直接話を伺った。

(※このインタビューは2011年1月に行われたものであり、現在OASは「Frekul(フリクル)」という名称に変更されています)

テレビに出ても、タイアップが付いても食べていけないんです

――― 今日は新しく始動した「OAS」というシステムについてお訊きしたいと思います。

海保: そもそもこれを考えるに至った経緯からお話しさせてもらいます。

僕がやっているメリディアンローグというバンドがあるんですが、昨年まで事務所に付いて活動していました。avexからCDを流通してもらったり、タイアップを付けてもらったり、時々テレビに出させてもらったりなど、それなりにプロモーションもやってもらってたわけです。

で、今世間ではCDが売れない売れないってすごく言われてるじゃないですか。実際にバンド活動やっていて、自分でそれをすごく実感するはめになったんですよ。

例えばタイアップを付けてもらって知名度がちょっと広がったとしても、思ったよりCD売り上げは伸びないし、ちょっと伸びたとしてもそれ以上に収入にはならない。事務所は十分やれることをやってくれたと思うんですが、それでもこのまま頑張っていこうっていうことに、メンバー全員が限界を感じちゃったんですよ。

――― 食べていけない現実が見えてきてしまった…。

海保: ええ。で、昨年末に事務所を辞めてフリーになりました。それから連日メンバーと話し合いながら今後の展望を考えていって、段々とこのOASの発想に近づいていくんですね。

――― きっかけは必ずしもポジティブなところではなかったんですね。

海保: ええ。ただ僕自身、生活の中で全然CDを買わないんですよ。音楽を聴くのは好きなんですけど、例えば好きなアーティストが新譜を出したって聞けば、まずYou Tubeで検索してみたり、無かったらTSUTAYAでレンタルしたりと。で、パソコンに入れて、iPodに入れて、それでOKと…これじゃCDが売れないのも当たり前だなと思ったんですよ。

――― もうそれが当たり前ですよね。

海保: それだったらいっそ音源は思い切ってタダにしてしまって、ライブに人を集めてそこで売り上げを出した方が効率がいいんじゃないかって考えたんですよ。

――― その考えがOASになっていくわけですね。

海保: はい。OASはまずアーティストが無料のメールマガジンを発行して、そこで定期的に無料の音源を配信します。音源が無料で貰えますよってなったら、ちょっと興味がある程度の人、ファンとは言えない程度のファンでも登録してくれる可能性はあると思うんですよ。今まではそういう層に情報を投げる方法がなくて、ホームページに情報載せて、ブログなんかを一生懸命書いても、それは相手がそこにアクセスしてくれないことには始まらなかった。

――― 知り合った人やアンケートにメルアド書いてくれた人にDM出すバンドとかはいますけど、それをもっと拡張してシステム化したものですね。

海保: そうやってメルマガ読者を増やしていって、その何%かがライブに来てくれるっていう状況を作った方が、CDが売れない時代に頑張って売ろうとするよりも理に適ってるんじゃないかと。そうやっていって段々規模が大きくなってきたら、プレミアムサポーターという一種のファンクラブのような制度を導入していきます。そのプレミアムサポーターになりたいというリスナーの方には月額500~900円くらいを負担してもらうことになるんですが、その代わりにかなり手厚い特典を用意します。

例えば音源をちゃんとCDという形で欲しいという人も絶対いると思うので、ちゃんとジャケも歌詞カードもあるしっかり作ったアルバムを無料で差し上げます、とかね。他には年に1回くらいライブDVDを作ってそれをタダであげたり、プレミアムサポーター限定の無料ライブを開いてそこに招待したりなどと…。

で、今例に挙げたものを実際にお金を取る形でやってたら、まぁ3,000円×3で9,000円くらいですよね。でもプレミアムサポーターの価格が例えば月500円なら、500円×12ヶ月で年6,000円ですから得なんです。しかもアーティスト側はアーティスト側で 中間マージンの部分がカットできるようになるので、利益が出るために最低限これくらい売れなくてはいけないっていうラインがこれまでく比べてだいぶ下がるんです。つまりリスナーの負担は減って、アーティストの取り分は増えるんです。

――― 音楽を作る側と聴く側の双方が得をするわけですね。

海保: そうですね。そうやってリスナーとアーティストがもっとダイレクトにお金と音楽や商品をやり取りするような形を作っていくのが、このOASというシステムの全体像ですね。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 90 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。