音楽家が実演に対して得る収益について

私は現在ライブハウスで働いている。
そこで今日は音楽家に対するお金の流れをライブハウスの視点から著していこうと思う。
十分に構想をまとめて書き始めたわけではないので、散文的な内容になると思われるがご容赦願いたい。

音楽家の得る収益

まずは音楽家の主な収入源だが、実演(ライブ)、作品(CD、DVD、楽譜など)などの他、ワークショップ、バンドのサポート、レコーディング、などが挙げられるだろう。
今回はライブハウス目線で考えるということなので、実演から得る収入に焦点を当てていこう。

これは興行と考えるとわかりやすい。
1回の興行(ライブ)に対しての売り上げを興行主(ライブハウス)と演者(音楽家)で分配するというのが基本的な流れだ。

時にはライブハウスとは別の興行主(オーガナイザー)がいる場合もある。
その場合はまずライブハウスとオーガナイザーとで売り上げを分配し、演者に対してはオーガナイザーからギャランティという形で分配するのが一般的だが、その辺りも細かい機微がある。

さて、興行主と演者とで売り上げを分配するといっても、それは必ずしもフィフティフィフティな配分ではない。むしろそうなることは稀といっていい。
まずライブハウス側では、興行の売り上げ如何に関わらず、最低限度の保証額のようなものを定めていることが多い。それが所謂チケットノルマであったり、ホールレンタル料と呼ばれるものだ。

簡単に言ってしまえば、その日のライブにお客さんが100人来ようが1人しか来なかろうが、最低限50人分の売り上げは回収させていただきますよ、もし売り上げがそれに満たなかったら出演者さんに補填していただきますよ、というような契約が交わされるのである。(ここで挙げた50人分というのはあくまでも一例で、ライブハウスによって様々なパターンがあるので一概にはいえない)

逆に、その多寡に関係なく売り上げはライブハウスと演者とで折半する場合や、最初から一定のギャランティを定めておく場合もある。(こういった取り決めや、そのパーセンテージは興行主と演者の関係性によって変化するもので、これまた一概にはいえない)

いずれにせよ、音楽家が実演に対して得る収益というのは、基本的には興行に対する売り上げ、つまりチケットが何枚売れたかという部分に拠るのであって、お客さんをどれだけ楽しませたかという部分は二の次なのだ。
これは考えてみればちょっとおかしい気もする。

ライブの良し悪しと集客は無関係

そもそも娯楽や芸術というものは、受け手の感性にどれだけ訴えかけるかがその価値を決めるものだ。
だが上記のやり方の場合、極論すればお客さんが入りさえすれば、後はどんな酷いライブをやろうとOKということになってしまう。
(もちろんそんなことをやっていれば、その音楽家はファンに見放されて未来はないが)
このシステムでは、顧客の満足度に応じて利益配分するということができないのである。

とはいえ、音楽にかかわらず興行とはそういうものだという意見もあろう。映画でも演劇でもダンスでも格闘技でもそうだ。お客さんはそのチケットの値段に見合うだけの内容を期待して、「先物買い」して興行にやって来るのである。

逆の視点で見れば、音楽家がきちんとした収益を得るためには、一定数以上のお客さんに「あの人のライブは○○円払っても行く価値がある」と思わせなくてはいけないということだ。
音楽家は自分の音楽にお金を払ってもらうわけだから、それは全く正しいことなのだが、ライブというものは難しい点が色々ある。いくつか列記してみよう。

日にちや時間の都合

ライブは当然ながら一回一回が商品であり、CDのように買いたいタイミングで買うというようなことはできない。
お客さんにとってはどんなに行きたい気持ちがあっても、その日に時間とお金を用意できなければ、その商品は手に入らないのである。

場所や施設の都合

チケット代は用意できる、日にち的にもOK、でも場所が遠すぎて無理、みたいなこともある。
東京に住んでいる人が、いくら好きな音楽家のライブだからといって北海道の公演に出かけるのは大変だ。

他にも距離ではなく、会場に問題があって行かないというケースもある。
特に身体的にハンディキャップを持っている人などの場合、会場選びが慎重になるのも無理はない。

お客さんは日を選べる

先の2点と似たケースだが、例えば週に一度くらいのペースで精力的にライブをしている音楽家の場合、よほど熱狂的なファンでない限り、全ての公演に足を運ぶということはしないし、できないだろう。
そうなるとお客さんとしては、自分にとって最も都合のいい日に焦点を当てて、他は捨てるという選択も致し方ない。

他にも挙げようと思えば挙げられる要素はあるのだが、キリがないのでこれくらいにしておこう。
これらに共通している点は、音楽の良し悪しは全く関係ないということだ。
実際ライブは大変良かったにもかからず、集客は奮わなかったというケースは枚挙に暇がない。

結論

結論としては、興行の成否はあくまでもお客さんの都合にかかっているということになる。
もちろんファンの絶対数が多ければ、ライブ毎に都合の合う人の割り合いも増えるだろう。
なので音楽家は多くのファンを獲得するためにも、良い音楽を作り、毎回良いライブをしなくてはいけない。そして興行主はその日のライブにはぜひとも行きたい、とお客さんに思ってもらえるような興行を組まなくてはならない。

とかくライブは水ものであり、ライブハウス側はいつも戦々恐々としながらブッキングしているのである。
だからこそ面白いのだが、胃が痛くなることの方が圧倒的に多いのが悲しい現状である。

この業界にもそろそろ大胆かつ大規模な構造改革が必要なのかもしれない。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 96 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。