BURNING CRAB vol.1

@下北沢SHELTER 2010/07/18

7月18日、下北沢シェルターで行われた『BURNING CRAB vol.1』というイベントに足を運んだ。
シェルターでライブを観るのは何年ぶりだろうか?とにかく久々。
スタートより少し遅れて到着したのだが、すでにお客さんはパンパン。元々狭いハコだけど、これはすごい入りだなというのが一目でわかる。

通して観た感じ、今日はトリプルヘッダーといっていいくらいの組み合わせだったようで、どのバンドのライブでも凄まじい盛り上がりぶりだった。

Jeepta

1番手のJeeptaは半分くらいしか観られなかったのだけど、初めてでも普通にカッコイイなと思えるものがあったし、十分にノれた。

久しぶりすぎてシェルターの音響については記憶がないんだが、すごくバランスのいい音でやっていて、シェルターってこんな音良かったっけ?とか思ってしまったのであった。

途中ベースにトラブルが発生しつつも、テンションを維持したままライブを続けた点も評価に値する。場数をこなしているバンドだって思える。今度クワトロでワンマンやるらしい。すごいね。

Jeepta Official Website

BlieAN

続いてお目当てBlieAN登場。あれ?2人だけ?
なんかギターさんは脱退されたらしく、しかも途中のMCで「ギター募集してません」と言っておられた。あややや…
でもライブはめっさ盛り上がったのでした。ベースとドラムだけでなんら不足なし。(といってもギターは同期使って出してたんだけどね)

きっと彼らもJeepta同様に、やろうと思えばもっと広いハコでワンマンとかもできるんだろうけども、シェルターみたいな昔ながらのライブハウスが似合うバンドだ。洗練されてる部分もあるんだけど、ロックバンドらしい泥臭さみたいな部分も大事にしてそう。
MCでも「ライブハウスって臭ーし汚いけど、俺は好きです」なんて言ってたっけか。

後半はクロワニのギタリストさんを迎えて数曲3人でプレイ。で、最後はまた2人で。
そりゃ音的には生のギターが入った方がいいんだけど、まるで2人でのライブをずっと続けてきたんじゃないかと思えるほど、2人体制の時の空気がすごかった。別にゲスト入った時に空気がダレたとかじゃないんだけど、でも2人がすごかった。ああいうのをケミストリーというのだろう。

感想まとめ

トリのUPLIFT SPICEもカッコ良かったし、トリを取るだけあって1番盛り上がってた。でも俺はなんとなくノリ切れず蚊帳の外。ボーカルの声に違和感?まぁこーゆーのは生理的なもんだから仕方ない。

全体的にはかなり良いイベントだった。どのバンドの時も盛り上がってて、非常に熱気があった。シェルターみたいな古いハイブハウスでやったのが逆に良かったと思う。変に洒落たところだったら今日ほどの空気は生まれなかったかもしれん。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 96 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。