ヤブコギライブ

うかうかしていると今年もウルマのライブ1本行っただけで終わってしまうなぁと思っていた頃、タイミングよくピアニストの航さんからライブの告知をいただいたので、これは是非ということで行ってきた。

11月8日。場所は入谷なってるハウス。ヤブコギのライブへ。
航さんとのお付き合いは割と長いけど、実はヤブコギのライブを観るのは今回が初めてである。そしてなってるハウスに行くのも今回が初めて。意外にも。

想像していたよりも遠くて開演には間に合わなかったんだけど、この日はたっぷり2ステージ制だったので十分堪能させてもらった。
ヤブコギの音楽はある情景をテーマにしたものが多いようだ。演奏そのものは即興があったり、変拍子を使ったりとクセがあるけども、例えばハイウェイをテーマにした曲ならまさしく高速道路を車で走っている情景が目に浮かぶ曲調だし、鳥のことを歌っている曲では鳥っぽいし(鳥っぽいって何?)、そういう意味では紛れもなくポップスバンドなのだと思う。

ボーカル&ギター(他にオカリナ、ピアニカ、SEなども)のなおさんはどういう出身の方かわからないが、ちょっとインプロ界隈の匂いを感じさせる。でも力の抜けたとても良い歌を歌われる。最初は航さんと似てるなって思ったのだけど、航さんとツインボーカルを取る曲では案外違うんだと気付いた。
航さんはちょっと低めで芯がしっかりした感じだが、なおさんは少し高くて軽やか。地にしっかり根を張った木とその周りを飛ぶ鳥のような感じ。
ドラムの柿沼さんも自身のバンドではコーラスとか取っていた記憶があるから3人で歌うのかと思っていたけど、歌はなおさんと航さんの2人でずっと回されていた。

ヤブコギの曲はこの日は不在だったトロンボーンの方(岡山在住らしい)が作ってるものもあるそうだが、私の印象としては8割くらい航さんが作ってるのかな?と思うくらい彼女らしい雰囲気が出ていた。バンドの方向性として、そういうポップスとアヴァンギャルドが混淆した雰囲気が単に好きなのかも。
ストーリーがあって、そこに沿って動静が生まれるので、単純に最初から最後まで4分の4拍子で進行するような曲はほとんどなく、お芝居を観ているような雰囲気もあるんだけど、総評としてはやっぱりポップスなんだよなぁ。女子力かな?(笑)

しかしウルマのライブみたいにスタンディングで体を動かして聴くライブもいいが、こうやって演者と近い距離で座って酒を飲みながら観るライブというのは本当に贅沢だなとしみじみ思った。
私の人生の一時期においてライブは割と日常だったんだけど、それが非日常になると1回がとても沁みる。こういうのを歳を取ったというのだろうか?


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 103 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。