ulma sound junctionについて語らせてくれ

2019年7月6日、渋谷O-EASTにて世界35カ国が参加するアマチュアバンドコンテスト「EMERGENZA」の決勝が行われた。
ここで優勝すればドイツで行われる「Taubertal Festival」への出演権を得ることができる。
そこでulma sound junction(以下ウルマ)が優勝を果たした。あまりに嬉しすぎて寝れなそうなので、ちょっと彼らについて語りたい。

ウルマは彼らを知る人達からはずっと「世界レベルのバンド」と言われ続けてきた。文字にしてしまうと洋楽かぶれのウザい音楽マニアが好みそうな安い言葉になってしまうけど、みんな素直な印象としてそう語って来たと思うし、私もそう思っていた。
にもかかわらず、商業的にはイマイチ芽が出なかった。

曲は長いし、歌詞は英語だし、変拍子多いし、そりゃメジャーではウケないかもしれないけど、それを差し引いても余りある魅力は十分にあったはずである。なんで売れないんだろう?と思いながら、気付けば初めてライブを観た時から10年経ってしまった。
幸いにも本人たちは常に変わらぬペースでライブをこなし、ゆっくりながらも音源も作り、自主企画やワンマンライブもこなして来た。そしてやっと大きなチャンスをモノにした。我がことのように嬉しい。

ウルマが日本のインディーシーンの片隅にいてくれたことは私のような人間には大きな幸福だ。プレイガイドで血眼になってチケットを入手しなくても行きたい時にライブを観に行けるし(その割に最近まで随分行ってなかった・・・)、ライブハウスで働いていた時はイベントにも出てもらえた。
ただこっちはありがたくても、本人たちにとってそれがいいことなのかはわからない。
とはいえ褒め言葉のつもりだったとしても「キミたちもっと上に行ける実力があるのに勿体ないなぁ」なんてことは言いたくないのである。幸福の形を勝手にこっちの価値観で規定したり押し付けたりはしたくない。
多分彼らの周りにはそういう人達が一杯いて、ずっとヤキモキしながら見守り続けてきたのだと思う。本人たちも「なんであんなショボいバンドが売れてて俺たちは売れないの?」みたいに腐ることなく、毎回楽しそうにライブをやっていた。

そしてドイツ!である。
ウルマが売れるとしたら海外で売れて逆輸入形式でこっちに持ってくるのがいいのでは?
そんな話はかつて本人たちともしたことがあるし、きっと色んな人が同じことを言ってきただろう。だがそのチャンスがなかった。確か過去に韓国かどっかでライブをして現地を沸かせてきたことがあったはずだが、その後でドーン!とは行かなかった。
でも今度こそはドーン!となるんじゃないかという予感がしている。

ウルマはこれまで日本ではあんまり売れてこなかった。日本のシーンにイマイチ合わなかったせいもあるだろうけど、あんまりガツガツした活動スタイルじゃなかったから、受け入れられる層にも十分に知れ渡っていなかったことが大きいように思う。
だが海外でドーン!となって鳴り物入りで帰って来たら、まだウルマを知らなかった層にもどんどん知られていくだろう。リスナーの分母さえ増えれば、大ブレイクするかどうかはともかく、本人たちが音楽だけで食って行けるくらいにはなれると思う。

私はバンドにとって売れることが幸せなことだとは必ずしも考えていない。ただウルマにはもっと大きなステージが似合うと思うし、日本人だけで彼らの音楽を楽しんでいるのは世界の人々に申し訳ない。

仮に今のポジションのままだったとしても、彼らは「じーさんになっても続けて行く」と言ってくれてはいる。ただその意志があることと実際にできるかは別問題だ。「なんでこんないいバンドが解散するんだろう?」という場面にこれまで何度遭遇してきたことか。その時になって「もっと応援してあげれば良かった」と思っても遅い。
私もこれを機に心を入れ替えて(笑)もっと本気で彼らを応援していこうと思う。

まずは優勝おめでとうウルマ!!


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 103 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。