過去の学びから

引っ越しに伴い荷物の整理をしていたら、学生時代のノートが出てきた。
音楽史、音楽理論、著作権などについて、割と真面目にノートを取ってある。今からもう20年ほど前のことだ。

ちょっと面白いなと思ったのが
「音楽業界の問題点」という項目。いくつかの要素が列記してあったのでそこを抜粋する。

①CDの売れすぎ
 総売り上げ枚数:2億2647万枚(95年)
 ミリオンセラーの数:18(94年)→28(95年)

②売れすぎの理由
 カラオケの影響
 フラストレーションの解消
 商談、接待→関心が新しい曲に向かう
 だからシングルの売り上げが伸びた

③製作者サイドの意識の変化
 歌いやすい曲を制作する(売り上げ上位の曲がカラオケでも上位である)
 ヒットする曲が似通ってくる

④周辺業界も隆盛へ
 マスコミだけでなく、製作会社、販売会社も

⑤プロデューサーの支配
 アーティストはどっちなのか?
 売れるもの、売れないもの

これだけ見ると、なんだかよくわからない。ここに書いてあることがどういう意味を持つのか、当時の記憶を辿りつつ解釈を入れてみよう。

まず①についてだが、売れすぎて何が悪いのかと思うが、これはそのまま③に繋がってくる。いわば創意の喪失。マンネリ化。
ただこれはポピュラーミュージックがビッグビジネスになってきてからというもの、ずっと抱えてきた問題であって、必ずしも90年代特有の病だったとも思えないが。
とはいえ、ミリオンセラーの数だけ見ても、多くの人が同じ音楽を聴いていた時代だったんだなということはよくわかる。
「昨日のMステ観た?」と聞けば大体話は通じる世界。まだYou Tubeもないし、ヒットチャートに載る音楽はみんなの共通認識の下にあるという前提で業界が動いていた時代だったのだろう。
(ちなみに2017年のCD総売り上げは1億5229万枚。※日本レコード協会調べ)

②では売れすぎの理由にまずカラオケを挙げているが、私は当時カラオケに全然興味がなかったのであんまりわからない。ただ今よりも音楽が娯楽としての地位が高かった時代だったことは確かだ。
なにしろ音楽というものは耳さえ空いていれば聴取できるという性質がある為、極めて受動性の高い娯楽だ。ポータブルCDプレイヤーもそれなりに普及していた頃だろう。③で指摘するようにヒット曲の性質が似通ってくれば、友人知人同士でカラオケに行った時に、ほぼ定番ばっかりで回すことも可能になる。
商談や接待の席でもカラオケがそんなに重宝されていたのかどうかまではさすがにわからないが。

そして曲が売れる→カラオケでよく歌われる→カラオケで歌いやすそうな曲を作る→曲が売れるというループが起こり③の状態に。ただそれ自体は④で言うように必ずしも業界にとっては悪いことではなかったが、結果として売れる曲だけが正義、それ以外は価値無し、という意識が制作サイドに生まれていたかもしれない。
私の友人にも当時バンド活動をしていた人間がいて、「メジャーデビューさせてやるから路線変えろ」と言われた、という話を聞いたことがある。

⑤は言わずもがな。今から思うと、なんであの当時あんなにプロデューサーが一般レベルで認知されるようになったのかわからないが、やはり小室哲哉のようにプロデュースするグループに自らメンバーとして参加する人間の存在が大きかったのだろう。
とはいえ、本当の意味で創意が失われる要因としては、③よりもこっちの方が大きかったのかもしれない。プロデューサーというのは言ってみれば売り方を全て取り仕切る存在だ。小室哲哉のようなプロデューサーがカリスマ視されて、多くのアーティストの卵が「私も小室さんにプロデュースしてもらいたい」と思うようになる。
結果「キミはこういう歌を歌いなさい、こういう衣装はどう?、こういうタイアップ取れたよ」という風になったら、果たして演者本人から創意は生まれるだろうか。
勿論これは全体の中のごく一部を私が勝手に想像した図でしかなくて、実際にはもっと話し合いながらやっていたとは思うんだけど、当時の「アーティスト」と今の「アイドル」を比べると、はたしてどっちが自分のことを自分で決めてやってるのかな?と疑問に思わないでもない。
「アーティストはどっちなのか?」というメモに込められた意味は、意外と重い。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 97 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。