クイズ夜会トークライブ 6/20

『クイズ夜会トークライブ 夜のアングラ勉強会Vol.7「2018年上半期ゴシップ総ざらい」』

音楽のイベントではなかったが、久しぶりにライブハウスに行ったのでこちらにレポを書く。

これまで地下クイズ王を数多く輩出してきたクイズサークル「クイズ夜会」の公開勉強会。
あんまり自信ないけど、夜会について簡単に説明すると、マスコミ関係者を中心として結成された社会人クイズサークルで、そこから段々メンバーの幅が拡がっていって、現在はタレントも所属している。
どういうわけか地下クイズに滅法強く、BSスカパーのバラエティ番組「BAZOOKA」で開催された地下クイズ大会の王者はいずれもこのサークルのメンバー。(ただし初代王者の渡辺さんは多分地下クイズ王になってから夜会のメンバーになったと思われる)

地下クイズの大ファンである私としては、そんな夜会が開くトークライブは是非行ってみたいと以前から思っていたのだった。
どうも毎回テーマが変わるらしいのだが、今回は2018年上半期の芸能ゴシップを中心とした話題になる模様。
私は地下クイズのジャンルの中では芸能ゴシップが1番苦手なので、苦手を克服するという意味では持ってこいの内容だが、どちらかと言えば個人的には苦手を克服するよりは好きなジャンルを伸ばしていきたいタイプなので、正直行くなら別の日の方が良かったかなと思わないでもなかったが・・・

メンバーは夜会の会長さんの他、芸人の中川パラダイス、TVプロデューサーの村上和彦、エッセイストの能町みね子、芸能記者のKさん(仮)、経済評論家の鈴木貴博といったメンツ。後からAV男優のしみけんも参加するかもという話だったが、どうも間に合わなかったようである。

残念ながらトークの内容については基本オフレコということでここに書くことはできない。まぁでも面白かったのは確か。
特にKさんは週刊文春で記事を書いている現役記者だけあって、アブナイ話をいっぱい知っててすごかった。
中川パラダイスの芸人仲間とのウラ話もかなりウケていた。今日は彼目当てのお客さんがかなり多かったようで、後半に設けられた質問コーナーではほとんどが中川パラダイス宛てのものだった。

内容が書けないのではレポートの体を成さないが、せめて元ライブハウスの店員としては阿佐ヶ谷Loft A(以下ロフトA)というお店のことについて感じたことを少し触れておきたいと思う。
ロフトAは新宿のロフトプラスワンに始まるロフト系列のトークライブハウスの多分3番目のお店だと思う。
私も以前来たことがあるのだが、その日は普通のライブイベントだったので、あんまり他のライブハウスとの差異を感じなかったのだが、久しぶりに来てみたらだいぶ他とは違う点に気が付いた。

まず飲食の注文は席に着いてから。入場時に腕にかけられるような番号札が渡され、客はその番号を店員に見せて注文をする。店員は常に2~3人がホールを動き回っており、いつでも注文ができる体制が取られている。
そして店員が持っているのは紙の伝票ではなくタブレット。これにどこのテーブルに座っている何番の客が何を注文したということが入力されるので、間違う心配もないし、ライブハウスの常識であるキャッシュオンデリバリーの形態を取らないことで、とてもスムーズに事が運ぶ。(飲食の会計は退店時に個別に行う。もしかするとこれがボトルネックになって帰りたいのになかなか帰れないかもという懸念はあるが)

トイレは男女専用がそれぞれ1つと共用が1つの計3つ。中は清潔に保たれているし、綿棒やマウスウォッシュが常備されているのもいい。お手拭用ペーパータオルもたっぷり用意されていた。
入り口近くのロビーとホールは扉で区切られており、そこできっちり分煙されている。

イベント開始前にプロジェクターでお店の専門ムービーが流れる。
店員が適当に作ったような素人臭いものではなく、かなりきっちりしたもの。お店のスケジュールがすごい勢いでビュンビュン流れていくが、なるほどあれくらいのスピードでいいんだなと見ていて思った。
基本的に客はその日のイベントが目当てで来ているので、全部の内容をそのムービーできっちり頭に入れようなんて思ってないし、何か1つでも気になるものがあったらその場でスマホで調べるなり、ルーフトップ(ロフト系列のスケジュールを兼ねたフリーペーパー)を開くなりすればいい。

他のライブハウスも色々真似すべき点があるなーと思わされたね。もう自分は引退した身だけど。
とにかく使うべきところはケチらずにどんどん使う。この姿勢は大事だ。

や、それにしてもあんな勉強会やってたら、そりゃ夜会つえーわ。
勿論他のクイズサークルだって勉強会くらいしてると思うけど、なんというか情報を持ってくる人の層が厚い!これは本当に強み。
次にいつ地下クイズ大会があるのかわからんが(近く大阪でオープン大会があるらしいが)、夜会の壁を破るのは並大抵じゃなさそうである。

イベント終わりにプレゼント抽選会があったのだが、私は急用が入ってそこで帰ってしまった。もしかして何か当たっていたのではないかと、モヤモヤが残ったが仕方がない。


ジンボ アラタ
Author ジンボ アラタ 99 Articles
東京都出身。日本工学院八王子専門学校コンピューターミュージック科卒業。その後は音楽とは別の道へ進むが、再び音楽の世界になんらかの形で関わって行こうと決意し、2007年より音楽イベントのオーガナイズを始める。